高機能繊維不織布を開発する #721

ミッション概要

高機能繊維不織布を利用したハイテクマスクという製品は医療機関を受診し、薬を利用している花粉症を改善したい花粉症患者さん向けの高機能繊維不織布です。これは花粉の主な原因とされているスギ花粉の侵入をより防ぐだけではなく、私達にとってアレルギー源となるヒノキ・ブタクサ花粉、ハウスダストなどの不衛生タンパク質を光触媒物質の反応を利用して分解することができます。表面平滑性をコントロールするap加工技術を利用することで花粉が付きにくく、落ちやすい製品「アンチポラン」とは違い、分解機能が備わることで「使い捨て」という概念がなくなり、「使いまわし」が可能となり環境保護に繋がります。

ミッション管理者

沖 礼奈

Kamiya

siramatu

ミッション参加者

沖 礼奈

Kamiya

siramatu