ミッション一覧

現状、特化型に分類される人工知能の進歩は目を見張るものがある反面、汎用型人工知能はあまり研究成果が出ていない。これは汎用型を一から作り上げようとする試みがベースとしてありそれが上手く機能していないためであると考える。そのため、それ以外の方法で汎用型人工知能の完成を目指す

運転者の声や表情から、状況に応じて安全に運転ができているか否かを判断する技術を実現し、より事故を減らす取り組みを考える。

認知科学、人間工学、認知工学の知識を利用して、ユーザビリティについて考えていき、自分たちの生活を豊かにする。

2022年度から運用される新学習指導要領では、「情報I」でプログラミング基礎やWeb API等、「情報II」で発展形としてデータサイエンス等を教えることになっている。しかし、高校教員にとってそのような内容を教える授業を設計することは簡単でない。そこで、授業設計のガイドとしてのレシピを作って公開することを目指す。

国際交流するため、文化の輸出輸入が重要だと思います。料理、文学、音楽、スポーツ、思想、学問、等々文化が知識の貿易のように国の国際イメジを支えている。

(問題)都市部の人口集中→発展を続ける都会の方が交通の利便性、仕事の効率性が高い (解決)地方を開発し、様々な企業や人(人材)が集まりやすい街をつくる→一層効率的な作業よる産業のさらなる発展、地方の過疎化にも対応

(会社の代表取締役の設定) 働き方改革が叫ばれる世の中,弊社も労働環境を見直し,従業員が働きやすい職場を目指していきたい.

私は、N社の代表取締役です。現在日本では、働き方改革の名のもとに、働きやすい環境づくりを目指す会社が増えてきました。N社も他の会社を参考にしながら社員が働きやすい環境づくりを目指します。

全国で喫煙スペースが減っていく愚かな時代の中、喫煙者の味方として全国に喫煙所を増設する

今の社会環境では昔より大分ましになりましたが、それでも所々はこういう差別が生まれてしまいましたので、それを無くしたら、さらなる平等な社会になれるではないかと思います

日本が今後継続して世界と張り合っていくには安定した経済成長が不可欠.そのために必要なのは若者の技術者だ.

年金問題や親族関係など世代の異なる関係性について考える

今までの自動車ではエンジンを搭載するためにボンネットが必須条件であった。そこでエンジンの代わりとなるモーターをホイールの中に収めることでエンジンルーム内に何もなくなりデザインの幅が広がることが期待できる インホイールモーターを車両に搭載することで、エンジンルーム内に空間を作り、車内の空間を最大限に生かしてデザインの幅を広げたい

近年の大きな課題としてエネルギー問題が挙げられる。環境の保持のためCO₂の排出量削減の必要性が高まっているが、未だCO₂を排出せず十分な電力を賄う発電は実現していない。そこで私は分散型電源に注目する。分散型電源とは太陽光発電や振動発電など都市部でもできるような発電である。都市部で発電することで自然を切り開く必要もなく、送電ロスも少なくなる。発電素子を機能的に配置することで無駄になっているエネルギーを回収できれば発電による環境負荷を抑えながら、十分なエネルギーの確保が可能となる。

近年都市開発等が盛んに行われており、自然破壊が進んでいる。そこで、生態系を守ることができ、人間にとって良い影響を与えてくれるので、人間が集中しやすい都市部に手を加えることによって生態保全の助けになる街をつくりたい。

高機能繊維不織布を利用したハイテクマスクという製品は医療機関を受診し、薬を利用している花粉症を改善したい花粉症患者さん向けの高機能繊維不織布です。これは花粉の主な原因とされているスギ花粉の侵入をより防ぐだけではなく、私達にとってアレルギー源となるヒノキ・ブタクサ花粉、ハウスダストなどの不衛生タンパク質を光触媒物質の反応を利用して分解することができます。表面平滑性をコントロールするap加工技術を利用することで花粉が付きにくく、落ちやすい製品「アンチポラン」とは違い、分解機能が備わることで「使い捨て」という概念がなくなり、「使いまわし」が可能となり環境保護に繋がります。

「ハイパフォーマンスサスペンションシステムという製品は自動車の操縦安定性を向上させたい、自動車を交通手段として利用する多くの商社/団体向けのサスペンションデバイスです。 これは乗員を不快にさせる特定の周波数の振動を制御できる、様々な車種に適合するアフターパーツであり、従来のセミアクティブダンパーやアクティブサスペンションとは違い、車両材質やタイヤ特性などの振動工学的要素を考慮したパラメータ制御をおこなう機能が備わっています。」 長距離や高速域、長時間の運転でも運転者の負担を軽減し、同乗者の乗り心地も向上させたい。また、運送車両の荷台の荷物も安全に運送させたい。現状の自動車工学は材料工学・エネルギー工学の発展が目覚ましく、それらで決まる振動特性などに車両側が合わせなければいけない。また悪路での走行も想定することで、補修されていない路面をはじめとして発展途上地域でも使用可能とする。最終目標は、救急車に応用することである。

通勤通学での電車で、電車が揺れて大変。足腰が弱い高齢者はつらい。揺れない電車が必要だ。 よって、それを実現するための振動センサが必要だ。 これは、電車の複雑な振動を検知して、強度の弱いセンサであるピエゾ素子とは違い、ほぼ永遠に使い続けることのできるセンサだ。 「毎朝通勤通学での満員電車だと、電車が揺れて大変。足腰が弱い高齢者はつらい。揺れない電車が必要です。 それを実現するためには振動センサが必要です。 僕の考えてるセンサは、電車の複雑な振動を検知して、強度の弱いセンサであるピエゾ素子とは違い、電車の耐用年数の30年から40年まで、故障することなく使い続けることができます」

JYCフォーラムさんの情報共有・発信に関するミッションです。 Twitterの投稿と、各地にヒアリングに行ってわかる内容とを組み合わせて、新聞みたいにまとめたい。

草の根ささえあいプロジェクトの派生プロジェクトです。目的は主に2つ。生きづらさを抱えている当事者たちの自己開示をする場所と、他の人がこの博物館をみることでその生きづらさの理解を支えることです。

草の根支え合いプロジェクトより

[エスラウンジさん]発達障害の傾向がある方が自分らしく生きるサポート。発達障害への理解を広げる・深める。

「誰もがありのままを認められる暮らしの中で,ひとりひとりの小さな一歩を大切にしあえるやさしい社会にしたい」という理念の元,草の根ささえあいプロジェクトでは生きづらさを抱えている人にフォーカスし,複数の事業を行なっている.

生きづらさを経験した若者たちを支える活動を土台にしつつ、閉塞しつつある「若者支援」の狭い括りを超えて、若者たちとともに誰もが自分らしく暮らしていける社会を作り出していく実践(若者協同実践)を支え、広めていきます。

発達障害の診断を受けている自分の経験を活かして、働きにくさ・暮らしにくさを感じている発達障害の方をデザイン・ITの力を利用してサポートします

誰でも簡単に利用しやすく、安心して使用できるデジタルサイネージを商店街に設置し、地域の活性化を目指す。

感情を持ち、親しみをもてるような、人間に近いロボット。

卒論までにやらなければならないこと

Code for Nagoyaの共通ミッションを具体的に考えてみましょう! 本当に「テクノロジーで街を楽しく」するには、具体的にどうします? 本当に「市民からのありがとう」を貰えるようなプロダクトって何でしょう?

オープンデータがただ公開されている状態なので、使われている状態にする。そして、それが誰かの役に立っている

買い物支援を行うための仕組み、モチベーション、ビジネスを開発する。

ポイ捨てやゴミ置き場からの散乱等を減らす。 清掃を極力行わずに良い景観を実現する。

新潟市のオープンデータを使って何かします。

岡崎城で訪問者が楽しめるコンテンツを増やして、来場者の満足度と来場者数を増加させる。 例:岡崎城の前で音楽フェス、猫を愛でるetc

近年ではなにかサービスを利用しようとするとき、ネットを介して登録などをすることが多くなっている.最近ではスマホの普及により,若者の間でも簡単にネットにつながることができる分,ネットに関する意識が問題になることもある.また、高齢者はそもそもネットに関して疎い傾向にある.そういった人に

地元の駅だと大体30分に一回しか電車が来ません。。。 高校時代、朝通学するとき1本逃せば遅刻という過酷な状況でした もっとゆっくり寝たいです。。

近年の暑さによって全国的に患者が急増し、死者も出ている熱中症問題を解決する

最近増えている洪水などの問題について話す

南海トラフなんかに絶対負けない!(フラグ)

修論を完成させるために2つのシステムをそれぞれ完成させる。また研究会や学会参加、自分の研究分野の論文をサーベイする。

Opinion mining framework capable of processing Indonesian-Japanese opinion which is extracted from traveling site TripAdvisor

修論までにやることを書く

渡辺修論

平成31名古屋工業大學大学院入試の準備について

IBIS構造の作成支援

認知症患者の周辺症状である徘徊行動に注目した.徘徊行動は,交通事故の発生といった二次被害を引き起こす可能性があるため,徘徊している捜索対象者を早急に見つける必要性がある.そこで本研究では,お守り袋を模した「見守り袋」にBluetooth Low Energy(BLE)ビーコンを入れて認知症患者に携帯させ,街中に設置した固定型受信機から得られるデータを利用することで見守り支援を行う機構の開発

スマートフォンを使った身体動作に基づく即興合奏支援システムの開発を行う

議論の進行において発生するリスクを検知して、それを事前に防ぎたい

深層学習のモデルであるLSTMを用いた即興合奏支援システム

鶴来を中心に,空間と時間の両方向でのARにより,経験に奥行きを

ポイント: ① パズル好きは純粋に楽しい! ② (小さい)子どもはパズルをしながら勉強も! ③ 木材の上に回路があるのがなんか楽しい! ④ パズルが完成するとJAISTランプが光る! JAIST要素 ① JAISTランプがある ② 科学的な要素がある ※ パズルの回路内配線や中途半端に繋がった場合の保護回路などはまだ全く考えていません.

鶴来の街でこびととパズルを解こう! 1)JAISTで難解なパズルを購入する 2)鶴来のパワースポットでこびとを捕獲する(AR) 3)こびと(複数)が一緒にパズルを解いていく 4)パズルが完成 5)こびとがほうらい祭りを舞って、辻占を開封する 6)「あんやと券」が出てきて、鶴来ご当地グッズと交換できる

6/22~24にJAIST&LocaLab. Takigaharaで第4回市民共創知研究会が開催されます。 参加者の皆様は、まずはこちらのプロジェクトへご登録をお願い致します。

交流人口の拡大と地域資源の活用や地域課題の解決を図るべく、研究・視察の対応や地域に市民共創知研究会のようなコンベンションを誘致する旅行会社を、対馬で設立しました。 対馬における滞在型研究の環境整備を図っていきながら、「研究の聖地」と呼ばれるくらいの地位の確立を目指し活動を展開していきます。

小中学校の社会科教員は独自に授業で用いるための教材を作成している。これは教員にとって大きな負担となっている。この負担を軽減するためのシステムを作成する。

株式会社アニコミの主力製品「動物との意思疎通ができるアニコミ」を作る

白松研究室内で、GoogleHomeをうまく使って、研究室を便利にしたいなぁと少し思ってます。。。。。

対訳コーパスの半自動生成に役立つのではないかと考えている。

少子高齢化によって20年後の日本に何が起こるかとか、気候変動によって100年後/200年後の人類・地球に何が起こるかとか、そういう近未来のリスクを可視化するためのデータセットをLinked Open Data (LOD) 化する。そのリスクの要因との因果関係もLOD化しておけば、解決策を議論するための根拠データとしても使えるはず。

人工知能学会 市民共創知研究会の第3回研究会「みらいらぼ なごや」を、名古屋周辺の人々と一緒に共創する。 「みらいらぼ」へのリンク:http://mirailabcci.com/projects/262

BLEビーコンの電波強度よりパーティクルフィルタを用いて位置推定を行い、その結果を地図上に可視化する。

This is the structure of Cai's project. Finding the specific group of users to participate in the online debate system. Including user filtering, recommendation sending, keyword extraction.

大学研究室の研究活動で目指している目標を「ミッション」と見なし、その具体的な活動内容をLinked Open Data (LOD)にして公開することで、組織内外での協働に繋げたい。 具体的には、各ミッションごとにWork Breakdown Structure (WBS) 的なタスクのツリー構造を作り、その一部を選択的にLOD化できるWebアプリケーション「MissionForest」を開発した。 ツリー構造中の各タスクに実験データ、論文、発表スライド等を紐づけて公開することで、オープンサイエンスやオープンイノベーションに繋げる仕組みを目指している。 渡辺の研究

修論で書く議事録の構造化・探索的閲覧システム開発と発表までのやるべきこと

社会問題タグ(渡辺君の研究)や名古屋市の分野階層タグ(成瀬君の研究)などを活用して、議題や議論の流れに関連しそうな記事や過去の発言を推薦するシステムを開発する

研究室内あるいは外部との協働・共創を日常的かつ継続的に支援できるよう、活動に関するオープンデータを共有・協働編集できるシステムを実装し、実際に使えるようにする

ある種類の動作(たとえば鍬動作)について、素人の身体動作と名人の身体動作を比較し、アドバイスを生成する機構を実装し、実際に使えるようにする。

創造工学教育課程でのCプランや、一般の高度工学教育課程での自己設計科目など、やりたいことに合った科目を学生が探すための機構を実装し、実際に使えるようにする

徘徊高齢者がBLEビーコンを所持しているとき、スマートフォンや固定型受信機による電波受信情報から位置を推定し、地図上に可視化して、声掛けや保護をするための支援システムを開発する

手の上下動などの身体動作で演奏経験の無い人でも即興合奏に参加できるようなシステムを実装し、実際に市民参加型のイベントなどで使えるようにする

白松研の論文や発表資料、実験データ、ソースコード、タスクツリーなどなど、研究に関するデータを全てオープンデータ化する。ただし、以下のような公開に適さないものは公開しない。 (1) 知的財産権(特許など)に絡むもの (2) 個人情報保護の観点から問題があるもの (3) セキュリティ上の問題があるもの (4) 粒度の細かすぎるタスクや週報など